このサイトで紹介されているレポートは秋葉原風俗に限らず、どの地域の風俗でも当てはまる内容となっていますので、これから風俗遊びを本格化させていきたいという男性には是非読んで頂きたいと思っています。

どうして秋葉原の風俗嬢とのセックスが禁止されているのかを考えてみた

風俗営業法や条例によって、届出を行った際に届け出たサービス以上のものを行っていると、摘発されることとになります。主に「店絡みで売春行為を行なわせていた」もしくは「黙認していた」ということになると、それも立派な摘発理由になります。もちろん児童を働かせると知っている知っていなかったにかかわらず、それも風俗店が摘発されます。(秋葉原のコスプレの風俗のことではありません)また外国の人を風俗嬢として雇い入れた時には、入国管理法違反の咎で摘発されることもあります。

児童を働かせていたということはその女性の年令を確かめれば明らかです。入国管理法違反も、それなりにハッキリしていますよね。しかし売春行為をしているかとか、それが店ぐるみで行っているかなどは、確かめようがないように思われます。募集方法が法に触れると個人でも売春防止法で摘発される事はありますが、売春を行ったか否かでは罰しようがなく、それが店ぐるみかなど、囮捜査でも行わない限り難しいものです。

しかし摘発されていることもありますよね。どのように確定させているのでしょうか。本番をする風俗嬢というのは、噂になります。ましてや現代のようにネットなどのクチコミが盛んに行われていれば、評判になるのも早いでしょう。風俗嬢の子がちょっと気持ちが盛り上がって本番しちゃった!程度のことであれば、そんなに評判にはなりません。評判になるにはそれだけの理由があるでしょう。

その店の子はほとんど本番してくれるとか、長期にわたって「本番行為」というものが行われていたとかです。一人の風俗嬢がひとつの店でそんなに長く働くことはあまりあることではありません。「あの店って本番ありだねぇ」と噂が立つなら、複数の女の子が、人が変わっても長期にわたってそのように本番行為をしているということとも考えられるのです。そういったことからターゲットになり、詳しく調べられて検挙されるに至るということが多いようです。

立入検査の時には、すでに「目星を付けている段階」だといえそうです。囮捜査は違法性が高い捜査と言われていますが、現行犯でないと検挙しにくいものや、捜査が著しく難航するモノについては認められるというのが一般的な見解です。管理売春も、捜査が難航するたぐいのものと考えられます。男性は本番出来ないハズの店で本番できると、自慢げに吹聴して回る傾向にあります。

その女の子が本当に気持ちが盛り上がってそういう事になってしまっただけなのに、職場を失うのはかわいそうですね。

最新投稿